忍者ブログ

アニメとかDTCGとかのブログ

アニメとかゲームの話題を乗せていきます。 shadowverseの底辺マスター最近はログイン勢。 最近は主にゼノンザード、mtgアリーナやってます。 虫アレルギー、ウィッチアレルギー

アニメ:警視庁特務部特殊凶悪犯対策室第七課トクナナ、第一話見ました!

世界観、登場人物をザックりと

世界観は現代にファンタジーな種族、エルフ、ドワーフ、吸血鬼etc……

コップクラフトかな?

主人公は熱血新米警察官・七月清司
偶然にも銀行強盗に巻き込まれてしまいます。

正義感が非常に強く、後先考えずに突っ走る今時珍しい熱血主人公。

銀行強盗に居合わせた二人目の登場人物、ちょっと胡散臭い。
凄く頭がいいらしいけど、体力はもやし。
冷静沈着なプロフェッショナルっぽいイケメン。胃痛枠か?
綺麗でエロそうなお姉さん、吸血鬼っぽい。剣を使って五右衛門みたいなことが出来る。
機械担当のロリ。性格も子供っぽい?レインボーブリッジ破壊にも躊躇がない。
狙撃手でガチムチのおっさん。
さらに胡散臭い上司。
この人たちが主要な登場人物。


1話は偶然銀行強盗の現場に居合わせた新米警察官、七月清司が無謀にも自ら人質になります。


そこに居合わせたもう一人の警察官、胡散臭いけど頭のよさそうなおとこ一之瀬栞が持ち前の洞察力を発揮し、事件を解決に導こうとします。


栞の同僚たちは、自分の能力を活用し事件を一応解決に導きます。


でも、七月清司はこの人たちと関わってしまったせいで着任早々に異動させられたらしく、警察内でも問題児の集まりとされるファンタジック特命係『警視庁特務部特殊凶悪犯対策室第七課』通称トクナナに配属されることになります。

第一話の感想

第1話はほぼ世界観の説明とキャラクター紹介で終わりかな?


この作品は刑事物のアニメですが、コップクラフトやサイコパスのように刑事ドラマ的要素に重きを置くのではなく、アクティブレイドみたいにアクション的要素が強い作品に見受けられました。


一話目なので、コップクラフトやサイコパスのように一つの謎をロジックを組み立てて地道に解明していく作品なのか、能力者によるアクションシーン多めなのかはまだ分かりません。


ただし第一話のラストでご丁寧に『謎の組織が暗躍してるよー、バンザーイ、ジオン広告に栄光あれー!』とわっかりやすい伏線が立てられました。


作風からしてハードボイルドな感じは少な目です。まぁ、第一話での話なのでこれ以降どうなるのか分かりませんが。


特殊能力を持った主人公たちがその能力で事件を解決していくという分かりやすい構図になりそうですが、まだまだ作品の色は見えてこないですね。でも、作品の色が見えてこないからこそ今後の展開が楽しみです。


少なくとも、僕は最初から最後まですらっと見れて、なおかつ早く次が見たいと思えました。

アニメランキング
PR

ゼノンザード:やっぱりか

この前、相手ゼクスシュバンツのアタックの指定先が分からない、これはバグだ。と言いました。



デデ―ン!!

ここかああああ!!

アタック指定の確認んんんん!!ああああああああ!!

やっぱりそういうことか…orz

アオバナーフ残当

アオバががっつりナーフされるみたいですね。

コストが1上がってBPは100ダウン、召喚時もフェニックスの雛同等のテキストに

まぁ、ランクマ潜ってもマジで黄色軸しかいなかったからね。

4枚目分解せず取っといてよかったです。


カードゲームランキング

スマホ・携帯ゲームランキング

オンラインカードゲームランキング

ゼノンザードオフィシャルAIに勝つ方法その①

ゼノンザードのAIはたまーにとんでもない動きでプレイヤーを殺しに行きますが、デッキレシピが公開されているのでメタを張れば大体勝てるようになりました。

これをやると勝てるというコツみたいなのもあるので、紹介したいと思います。

今回は一つ目です。

デッキレシピを見ながら戦う

勝率を挙げる方法、それはデッキレシピのキャプチャをとっておき、相手のデッキレシピを見ながら対戦するという方法です。

相手は対人ではないので、いくら時間をかけても怒られないし、デッキレシピを確認しながら戦っても文句ひとつ言いません。

デッキレシピを見ながら戦うことはかなり有効です。

相手のデッキに入っているフラッシュや強カードの枚数を確認しやすくなるので、非常に戦いやすくなります。どのカードをケアするべきなのかというのもかなり分かりやすくなります。これをやるだけで勝率がかなり上がると思います。

ゼクスのデッキレシピで一例を紹介!


このゼクスのデッキレシピはヴィクソンとホリィの耐久デッキですね。

このデッキにはビームスマッシャーが採用されていますが、リアクティブシールドは採用されていません。

つまり、三枚ベースが立っていなければフラッシュを気にしなくていいということです。

対戦中に『そう言えばリアクティブシールド入ってたっけ?』なんて考えて攻撃を躊躇することを防ぐことが出来ます。

またトレーサードーベルの存在から安易に1コスを立たせないことや1枚採用のサテライトビーム(ギャラクシィ)を警戒することもレシピを見ながらなら気が付きますよね。

復讐のドラゴンの存在あります。

デッキレシピを見ながら戦うと、そういうのにかなり気が回ると思います。

実際にあった場面として、自陣ヴァイスレーベでヴィクソンを狩りに行ったとき、リアクティブシールドの存在が無かったため確実にヴィクソンを割れたという場面がありました。

ヴィクソンとホリィをヴァイスレーベで睨めばもう何も怖くなかったですね。

デッキレシピをキャプチャしておくのはかなり有効だと思います。



カードゲームランキング


スマホ・携帯ゲームランキング


オンラインカードゲームランキング

ゼノンザード:ネクストTVのNBNG兄貴事故ってて草

ゼノンザードネクストTV10月11日の放送がありました。

ゲストはバトスピで御馴染みの立花慎之介兄貴とアニメの主人公やってる島崎信長兄貴でした。

そこでNBNG兄貴はデッキ紹介ということでヴィクソンホリィにデッキ使ってましたね。

レシピはこんな感じでした。

僕もリリース当初白と紫軸で組んでみました。

で、僕より遥かにプレイしているNBNG兄貴がヴィクソンホリィでプレイしていましたが…

盛大に事故ってましたね!!

キマイラを使わないプレイヤーへの洗礼とも言える事故でまさかの敗北。

でも、これ僕もやらかしましたよ……。

そもそもヴィクソンホリィを引けませんでしたって、これホント割とあるんです!

安定感のなさが一番の問題点なのかなと思います。

せいや、粗品AI出現

まさかの専用ボイス付き。かつて、とあるDTCGでも芸人が声優として起用されていましたが『僕じゃなくてもよくない?』みたいな扱いでした。

その点、ゼノンザードでは霜降りの二人が本当に二人じゃなきゃいけない存在になっています。

こういうの本当に好き。

というよりゼノンザードって、こういうイベントの多さも好感が持てるし、アオバばっかりでゲームバランスはよくないように思えるのにシャドバのような嫌な気分になりません。

やっぱりゼノンザードを……最高やな!

新弾リリース

10月下旬にはさらに新パックが発売されます。スパンは短いですが、環境に変化がないとユーザーは飽きるという今までのDTCGが抱えてきた課題に立ち向かった結果なのかなと思います。

既存のパックと連動しているmtgアリーナはともかく、ゼノンザードはあらゆるDTCGの失敗から学んでいるのではと思いました。

やっぱりゼノンザードを……最高やな!

今まで出てきたDTCGのなかで間違いなく1番好きです。ウォーブレもこんな感じで復活して欲しい。


カードゲームランキング

スマホ・携帯ゲームランキング

オンラインカードゲームランキング

ゼノンザード:相手のゼクスシュバンツのアタック指定について

ゼノンザードのAIは自分でも分からないことを説明してくれます。

こんな場面がありました。





こんな場面がありました。


何なのだこれは、どうすればいいのだ…




ほんとぉ?

んなわけねーだろ!!

ここはチータイラでアタック指定された方のホーリィクエイドを破棄して、アオバでゼクスシュバンツと相打ちを狙うのが正解です。

そうしなければホーリィクエイドを破壊され、次のターンでもう片方のホーリィクエイドを破壊されてもう終わりだぁ!

今なら片方のホーリィクエイドを破棄しても、パワーラインはギリギリアオバで相打ちをとれます。

次のターンやろうとしても、ホーリィクエイドを破棄してパワーラインが下がるので相打ちがとれなくなります。

でも、そこで問題があります。

そもそも、ゼクスシュバンツが効果を発動したのか、どのミニオンを指定アタックするのか表示されないのです。

これでは戦略の立てようがありません。

指定アタックをしていないのならばチータイラで圧殺する必要などありませんからね。

でも、実は確認する方があります。右上のログで確認すれば一発で分かります!




分かりま……

おい!どっちのホーリィクエイド殴るんだよ!!

これ間違った方圧殺したら終わりじゃん!!どうすりゃいいんだよ!!

これは現在のゼノンザードの構造的欠陥っぽいですが、どちらかを見分ける方法があります。

それはAIに教えてもらうのです。チータイラの召喚を宣言した後、どのミニオンを圧殺するのかを聞きます。


教えてウルドゥさん!!





信じるぜ!!





結果、アオバでゼクスシュバンツを相打ちに取ることができました。


やったぜ。

実はこの相手のゼクスシュバンツの攻撃をいなすテクニックは、バインディングアイヴィや不意打ちで自分のミニオンを寝かせたり戻したりして、他のミニオンでブロックするということで応用できます。

そんなとき、どちらのミニオンを攻撃してくるのか分からないのはかなり辛いです。

特にこのホーリィクエイドやアンジェラなど、ゼクスシュバンツでシバかれると辛いユニットが二体並ぶことはありえます。

でも、自分では分からないこともAIが教えてくれます。これが協力プレイってことですね!

実はこんなことしなくてもごく当たり前に見分ける方法があるんだよなぁ…とか言われたらどうしよう。



カードゲームランキング

スマホ・携帯ゲームランキング

オンラインカードゲームランキング


        
  • 1
  • 2
  • 3